近畿運輸局認証工場
近運整認大 第114245号

求人情報

お客様の声

全10件 次の3件

  • スーパーGTドライバー 余郷敦選手のマイカー

    2010年11月18日 スーパーGTレース&ルマン24時間耐久レースなどで、同じチームJLOCでお世話になっていました、「#88 リール ランボルギーニ RG-3」をドライブする『余郷 敦』選手が、数ヶ月前に30型プリウスをオーダーされた事は聞いていましたが・・・・・。

    今回のスーパーGT 特別戦に出発する前日に突然、「オートラボ」に電話が有り、「30型用のブラック・カーボンウィングが欲しいんですけど?」と。最初、私は誰からの電話か判らずに対応していましたが、余郷選手からの電話と判り、「それなら明日のサーキットで付けましょうか!?」と話が進み、今回レースの合い間に取り付けして来ました。

    「#87 JLOC ランボルギーニ RG-3」をドライブする『井入 宏之』選手も、同じくブラックの30型プリウスを乗られて、「ブラック・カーボンウィング」で同じ仕様なんですが・・・。

    意外と、レース関係者の間にもプリウスが増殖中なんですよ。

    取り付けの際の一部始終を見られていた余郷選手は、製品の軽さや、カーボン製品のクオリティ、取り付け易さなどに感動されていました。

    なにより、この写真がご満悦な様子を物語っているでしょw

  • ニューリリース☆30型プリウス用カーボンウィングを取り付けされたお客様は・・・。

    2010年01月23日 スーパーGTレースなどで活躍中の、レーシングドライバー『井入宏之』選手のマイカーに、リリースしたばかりの「30型プリウス用 カーボンウィング」を取り付け致しました。

    取り付け後、井入選手の感想は「カッコええやん♪」と・・・意外に素直な感想が聞けましたw

    現在は、納車されたばかりですのでノーマル気味ですが、18インチホイール&車高調などで車高短☆プリウスに改造予定のようです。

    今後、このプリウスカスタムに携わりつつ、レーシングドライバーならではの視点を生かした「プリウスカスタム」を発信出来たら良いな♪と思っています。


    3枚目の写真は・・・オートラボ デモカープリウスの雑誌(オプション2)取材時に撮った写真です。実は井入選手はこの時にプリウスに初めて乗ったのでしたw今では立派なプリウスオーナーさまで、プリウスカスタム法を色々と考えながら楽しんでいるようですよ。

  • a-coroフルKITをご購入頂きましたお客さまです。

    2009年07月05日 うん、惚れた。コンセプトしかり ディティールしかり でもそれ以上に惚れたのは・・・Auto-Laboを運営する國松社長の男気に。

    ゴマをするつもりは毛頭ありませんが、社長の今日までの遍歴というか歴史を眺めてると相当な車好き・・・であることが分かります。

    言葉は悪いんですが昔ながらの職人気質なところを強く感じるんですよ個人的に。

    適切ではないかも知れませんが「侍」って言葉の似合う人なんではないでしょうか、唐突ですが(会ったことないけど。笑)

    どっちかというと旧車の部類に入るスカイラインや86とかを弄ってるかと思えば GT選手権にメカニックで参加してたり 枯渇していく燃料問題を考えてECOカーに注目してみたり・・(笑 

    その冴え渡る直感で完成させたと考えられる

    プリウス(NHW20)用 ずばり「燃費向上エアロ a-coro(エコロ)」!!

    ネーミングからしてずば抜けてます。

    常人ではまずつけないであろう自信に満ちたその名前。

    惚れました・・・

    はっきり言って風洞実験もしてない実態の見えない風の流れ(空力)、消費するガソリン量の低減をここまではっきりと断言するのは難しいことですし、信用性にも?がつきます。

    しかし ボクも無駄に長いこと生きてます。

    直感で引っぱったであろうエアロのライン&デザイン。その空気の流れはそんなに悪くないんではないか?

    第六感というものが確かに存在するのでは?と日々密かに考えています。なのでGOしました。自分自身の勘も信じて。

    あながち間違った選択でもないと思うんですよ・・・ 燃費が上がろうと下がろうと・・・ このアグレッシヴなエクステリアが獲得できた思うと。(笑

    かっこいいかっこ悪いの判断は個人差が間違いなくあります。

    ボクはこのエアロ 自信を持って前者と断言できます。(お客様ブログより抜粋)