近畿運輸局認証工場
近運整認大 第114245号

求人情報

イベント情報

エキサイティングカー・ショーダウン(ポートメッセ名古屋)に出展致しました。


  • 4月2〜3日の日程で、ポートメッセ名古屋にて開催されました「エキサイティングカー・ショーダウン」に行って来ました。

    とは言え、大震災後の微妙な時期でのショーイベントの開催に、私としても参加を非常に悩みました。ですが、私以上に色々な意見を寄せられたであろう、主催者側の意向によって「チャリティ・イベント」として変更開催されるとの事で、それならば少しでも被災地の復興の為にも、私の微力な力でも協力しようと思い、参加を決定致しました。

  • 今回のショーには『オートラボ』としては、2台を持ち込みました。

    まずは、お馴染み(?)の「RE−86」です。

  • 以前、出展した時から大きな変更点は無く・・・・ほとんど見えない部分ですが、フロントのダンパーを変更した位です(笑)

  • こちらは、軽自動車の耐久レースに参戦する為に製作致しました「ミラ・ジーノ」です。

    夏くらいを目処に、もう1台製作する予定の、こちらはテスト用の初号機です。

  • 正直な話、この車輌は私の予想を遥かに越える人気が有りました。

    可愛らしい見た目に反応する人、軽なのにスパルタンな内装に反応する人、換装されたエンジンに反応する人、人それぞれでしたがココまでの好印象を想像していなかったので、これから製作していく2号機に対しても非常に自信が沸いてきました。

  • 普通の改造車を「見るだけ」のショーとは違い、このショーは走り系のチューニングカーのみと言う、コアなショーでもあります。そんなショー・カーの生音を聞いて貰う「パワフルサウンドステージ」に、我がRE−86も参加致しました。

    ハチロクにNAのロータリーという異色なパッケージングに、多くの方達の関心が有ったみたいで、多くのお客様に集まって頂けました。

  • 結果は・・・張り切りすぎてアフターファイヤーの熱で、カーペットを焦がしてしまったほどです(汗)



    今は日本中が自粛ムードで暗い感じですが、まだまだ日本は復興出来るんだ!立ち上がれるんだ!!という気持ちを持って2日間のショーに参加致しました。そうして集まったチューニング好きな仲間みんなの力で、2,318,728円という高額な義援金が集まったようです。まだまだ日本全体が明るくなれるまでは、色々な機会で義援金を集めるようなイベントに参加が必要ですが、頑張って行きたいと思います。