近畿運輸局認証工場
近運整認大 第114245号

求人情報

イベント情報

スーパー耐久レース(第3戦)鈴鹿サーキットに行ってきました!


  • 5月28日(金)〜30日(日)の日程で、スーパー耐久レース 2010 第3戦に参戦する為に、鈴鹿サーキット(三重県)に行って来ました。

    今回、私が参加しましたチームは「#17 ティーズスタイルレーシング」さんです。こちらのチームは、ドライバー&メカニック共に、まだレースにそこまで慣れてはいない、育成チーム的なノリのチームですが、このハードな3日間でチーム員全員が個々に色々と悩み、レースに対しての向き合い方を考える良いキッカケになったのではないでしょうか?

    まず、28日(金)の『フリー走行』1本目の、まだ3周しか走行していないマシンがPITに戻ってきました。ドライバーからのコメントは「パワーが急に無くなった。」エンジン回りを中心に、チェックをしていきましたが、3番シリンダーの圧縮が有りませんでした。ここでモーターチェンジの判断を下して、なんとかこの日の3本目のフリー走行に間に合わせようと努力しましたが・・・残念ながらこの日の走行に間に合わず×ぶっつけ本番で翌日の予選に望む事になりました。

    29日(土)の『予選』では、ドライバー3人ともがタイムが思うように伸びない・・・。原因はエキマニ&タービンからの排気漏れによる、ブーストの低下↓予選順位は残念ながら下位に沈んでしまいました。

  • 30日(日)の『決勝レース』を前にした、「フリー走行」で、またもやエンジンブロー×

    燃料ポンプ回りのトラブルか、燃調の不良かと推測されますが、まずは決勝レースに間に合わすべく、モーターチェンジ作業と、トラブルの原因追求&修理作業に分かれて作業しました。

    この作業も決勝スタートに間に合わす事が出来ず、なんとか規定周回数以内で、完走扱いになるギリギリの時間で作業が終了して、急いでPIT前で燃料を満タンにして、即スタート!!・・・・・・のハズが、ガソリンがすごい勢いで漏れ始めました。

    またもやPITにマシンを戻して、チェックバルブの交換&ガソリンを抜いて、今度こそはスタート!!したのですが、2コーナー目でドライバーから「ガソリンがまた漏れてきた!」という報告が入り、ここで危険と判断して即マシンを止めるように指示して、残念ながらリタイヤを受け入れました。

  • この3日間で、まともな周回タイムもとれず、2機もエンジンを壊してしまい、あろう事か怪我人までだしてしまい、散々なレースウィークとなってしまいましたが、チームに参加した皆が、この3日間で見違えるような動きに変わって行ったのが、私はこのレースに参加した一番の収穫だったと、前向きにとらえました。チームはまだレースに慣れていないという事もあって、ミスも多く、ひやひやした場面も多々ありましたが、こういった失敗を前向きに考え直し、次に繋げるのがレースだと思いますので、今後も頑張って行きたいと思います。

    ちなみに、我が社メカニックスタッフが参加しています「#15 岡部自動車ディクセルIWASAKI RX-7
    FD3S 」は予選中のクラッシュによる、マシンチェンジを乗り越えて、見事5位でレースを終了致しました。